FC2ブログ
今“集団ストーカー”と呼ばれている信じ難い犯罪が日本に横行しています
  軽薄なジャーナリスト  作詞・作曲/忌野清志郎

軽薄なジャーナリストにはなりたくない
軽薄なジャーナリストにはなりたくない
いくら落ちぶれてもなりたくない

軽薄なジャーナリストはTVにでて
軽薄な指示どおりに台本を読む
そしてギャラをもらって家族を養う

軽薄なジャーナリストはいい服を着て
何にも知らない人にうそをつく
そして安全なところからただ見ているだけ

軽薄なジャーナリズムには乗りたくない
軽薄なジャーナリズムはゴシップに飛び付き
適当に騒いでトンズラ決め込む

軽薄なTVディレクターにはなりたくない
軽薄な新聞記者にはなりたくない
薄汚ねえ企業では働きたくない

軽薄な人間にはなりたくない
軽薄な国民にはなりたくない
いくら落ちぶれてもなりたくない

軽薄なジャーナリズムにのるくらいなら
軽薄なヒロイズムに踊らされるくらいなら
そんな目にあうくらいならあの発電所の中で眠りたい

「軽薄なジャーナリスト」youtube動画
スポンサーサイト



空がまた暗くなる  作詞・作曲/忌野清志郎

おとなだろ 勇気をだせよ
おとなだろ 知ってるはずさ
悲しいときも 涙なんか
誰にも 見せられない

おとなだろ 勇気をだせよ
おとなだろ 笑っていても
暗く曇った この空を
かくすことなどできない

ああ 子供の頃のように
さあ 勇気を出すのさ
きっと 道に迷わずに
君の家にたどりつけるさ

おとなだろ 勇気をだせよ
おとなだろ 知ってることが
誰にも言えないことばかりじゃ
空がまた 暗くなる

ああ 子供の頃のように
さあ 勇気を出すのさ
きっと 道に迷わずに
君の家にたどりつけるさ

Yeah 勇気をだせよ
おとなだろ 知ってるはずさ
悲しいときも 涙なんか
もう二度とは 流せない
悲しいときも 涙だけじゃ
空がまた 暗くなる
空がまた 暗くなる
この
空がまた 暗くなる

おとなだろ… …


「空がまた暗くなる」youtube動画

World Citizen (坂本龍一, デヴィッド・シルヴィアン)

ひとりの赤ん坊が死んでいく
取るに足らない小さな出来事
彼女はアメリカ人じゃないから
数に入らないのさ

6000人の子どもたちが
薬もなく
ただ見殺しにされた
ひと月のうちに[*2]

ニューヨーク港では
薬の積荷が差し止められていたのに――
それが世界をもっと安全にするつもりで
ぼくらの支払った代償さ

世界は苦しんでいる
世界は苦しんでいる
世界は苦しんでいる
ワールド・シティズン

インドのマディヤプラデシュ州では
ダム建設のために
先住民を
家や土地から追い出している

自分たちにも人間の尊厳があると信じて
ハンストで抵抗する住民
でも建設推進側にとっては、ひとつの命の重みなんて
取るに足らない小さなもの

進歩と民主主義の名において?
そんなのは言葉だけさ

彼の世界は苦しんでいる
彼女の世界は苦しんでいる
彼らの世界は苦しんでいる
ワールド・シティズン

ワールド・シティズン

そしてビルが崩れる
もうもうたる粉塵に包まれて
ぼくらは自問する
なんで憎まれなくちゃいけないんだ?
それは、ぼくらが無知と贅沢にひたって暮らすあいだに
ぼくらのスーパーパワーが
操り人形劇を繰り広げているからさ

ぼくらが選んだ
ファシスト国家の指導者に
武器を売りつけ
権力維持のお手伝い

やつらの行為には
知らんぷり
人権侵害も
銃の横流しも――

彼の世界は苦しんでいる
彼女の世界は苦しんでいる
彼らの世界は苦しんでいる
ワールド・シティズン

ぼくの世界が苦しんでいる
きみの世界が苦しんでいる
ぼくらの世界が苦しんでいる
ワールド・シティズン

だれか、国旗なんてやめさせてくれ
だれか、本当の誇りを思い出させてくれ
やつらのポケットから金を取り上げ
反対を叫んでくれよ

神がぼくらの側についているなんてありえない
だから思惑どおりに行くものか
やつらは戦争に勝ったつもりだけど
これで打ち止めじゃないさ

権利を奪われた人びと
彼らの声を聞かなくては
もし立ち止まって耳を傾ける人がだれもいなかったら
言葉への信頼は終わりだ

そして暴力が台頭し
すべての希望が消え去るとき
だれが人間の魂を抱きしめて
その損失を引き受けるんだ

ひとつの命も奪わせない
ぼくの名において
ぼくの名において

彼の世界が苦しんでいる
彼女の世界が苦しんでいる
彼らの世界が苦しんでいる
ワールド・シティズン

ぼくの世界が苦しんでいる
きみの世界が苦しんでいる
ぼくらの世界が苦しんでいる
ワールド・シティズン

[*2]1990年代から国連による経済制裁下のイラクで起きた状
況。
(翻訳:星川 淳/Thanks to Yuka Fujii)




「World Citizen」 youtube動画



World Citizen (坂本龍一, David Sylvian)

There goes one baby's life
It's such a small amount
She's un-American
I guess it doesn't count
Six thousand children's lives
Were simply thrown away
Lost without medicine
Inside of thirty days

In the New York harbour
Where the stock's withheld
It was the price we paid
For a safer world

World is suffering
World is suffering
World is suffering
World citizen

In Madhya Pradesh
Where they're building dams
They're displacing native people
From their homes and lands

So they hunger strike
Cos they believe they count
To lose a single life
Is such a small amount

In the name of progress
And democracy
The concepts represented in name only

His world is suffering
Her world is suffering
Their world is suffering
World citizen

World citizen

And the buildings fall
In a cloud of dust
And we ask ourselves
How could they hate us?
Well, when we live in ignorance and luxury
While our super powers practice
Puppet mastery

We raise the men
Who run the fascist states
And we sell them arms
So they maintain their place

We turn our backs
On the things they done
Their human rights record
And the guns they run

His world is suffering
Her world is suffering
Their world is suffering
World citizen

My world is suffering
Your world is suffering
Our world is suffering
World citizen

Who'll do away with flags?
Who'll do us proud?
Remove the money from their pockets
Scream dissent out loud?

Cos god ain't on our side
The shoe won't fit
And though they think the war is won
That's not the last of it

Disenfranchised people
Need their voices heard
And if no one stops to listen
Lose their faith in words

And violence rises
When all hope is lost
Who'll embrace the human spirit
And absorb the cost?

Not one life is taken
In my name
In my name

His world is suffering
Her world is suffering
Their world is suffering
World citizen

My world is suffering
Your world is suffering
Our world is suffering
World citizen

© 2003 by David Sylvian/Opium (Arts) Ltd
World Citizen - I Won’t Be Disappointed (坂本龍一, デヴィッド・シルヴィアン)

ここで何が起こったんだ?
蝶は羽根を失った
空気が濃すぎて息苦しい
飲み水には何かが入っている

陽は昇る
陽は昇るけれど、きみは独りぼっち
目的も見失い
流れのままに101号線の迷路へまぎれこむ

空から降り注ぐニュース
何もかも
今日は明るいものばかり
そう思えないのはきみだけさ

ワールド・シティズン
ワールド・シティズン

ここは安全じゃない
空気が悪くて
黄色い鳥[*1]は総倒れ
ここは安全じゃない

ぼくらはなぜ存在できないの?
始まりや終わりなしでは
ぼくらはなぜ存在できないの?

ワールド・シティズン
ワールド・シティズン

もし立ち止まって
きみの話を少し聞いたら
きみが感じているすべての重みに
打ちのめされてしまう
孤独な心の緊急事態

感じたい
心がはちきれそうになるまで
この世でかなうものなら何でも与えてあげたいのに

破りたい
日常を覆う無関心を
覚醒しつづけられる良心がほしい

失望なんてするものか
失望なんてするものか
するものか

顔が見えた
知らない顔だった
彼女の悲しみは、ぼくの悲しみを丸ごと映す鏡

忘れられない顔
思いもかけないとき、現われる彼女
ぼくらを隔てる時間と空間は消えた

でも、ぼくは安全じゃない
皮膚がもう一枚ほしい
安全じゃないんだ

ワールド・シティズン
ワールド・シティズン

夜のあいだに旅したい
草原や海原を越えて――
消えてしまったあらゆる種の
損失を測り
その名をすべて正確に読み上げたい

ワールド・シティズン
ワールド・シティズン

失望なんてするものか
するものか

彼女は笑わない
舞台は喜劇(コメディ)から商売(コマース)へ変わったのさ
彼女はもう、歩いても地面を感じない

ぼくは目をそらす
寝苦しい夜
これじゃいけないとわかっているけれど
どうしたらいい?

失望なんてするものか
するものか

(翻訳:星川 淳/Thanks to Yuka Fujii)

[*1]かつて鉱山で一酸化炭素などの中毒を防ぐため、鉱夫たちが
検知器がわりに鉱道へ連れて下りたカナリアのこと。



「World Citizen - I Won’t Be Disappointed 」youtube動画


World Citizen - I Won’t Be Disappointed (坂本龍一, David Sylvian)

What happened here?
The butterfly has lost its wings
The air’s too thick to breathe
And there’s something in the drinking water.

The sun comes up
The sun comes up and you’re alone
Your sense of purpose come undone
The traffic tails back to the maze on 101

And the news from the sky
Is looking better for today
In every single way
But not for you

World citizen

World citizen

It’s not safe
All the yellow birds are sleeping
Cos the air’s not fit for breathing
It’s not safe

Why can’t we be
Without beginning, without end?
Why can’t we be?

World citizen

World citizen

And if I stop
And talk with you awhile
I’m overwhelmed by the scale
Of everything you feel
The lonely inner state emergency

I want to feel
Until my heart can take no more
And there’s nothing in this world I wouldn’t give

I want to break
The indifference of the days
I want a conscience that will keep me wide awake

I won’t be disappointed
I won’t be disappointed
I won’t be.

I saw a face
It was a face I didn’t know
Her sadness told me everything about my own

Can’t let it be
When least expected there she is
Gone the time and space that separates us



And I’m not safe
I think I need a second skin
No, I’m not safe

World citizen

World citizen

I want to travel by night
Across the steppes and over seas
I want to understand the cost
Of everything that’s lost
I want to pronounce all their names correctly

World citizen

World citizen

I won’t be disappointed
I won’t be.

She doesn’t laugh
We’ve gone from comedy to commerce
And she doesn’t feel the ground she walks upon

I turn away
And I’m not sleeping well at night
And while I know this isn’t right
What can you do?
  忘れてはいけない  作詞・作曲/中島みゆき

忘れてはいけないことが必ずある
口に出すことができない人生でも
忘れてはいけないことが必ずある
口に出すことができない人生でも

許さないと叫ぶ野良犬の声を
踏み砕いて走る車輪の音がする
認めないと叫ぶ少女の声は細い
いなかったも同じ少女の声は細い
でも忘れてはいけないことが必ずある
口に出すことができない人生でも
忘れてはいけないことが必ずある
口に出すことができない人生でも


泥だらけのクエッションマーク心の中にひとつ
なまぬるい指でなだめられて消える
争わないように嫌われないように
歌う歌はキャンディソングだけどだけどだけど
忘れてはいけないことが必ずある
口に出すことができない人生でも
忘れてはいけないことが必ずある
口に出すことができない人生でも