FC2ブログ
今“集団ストーカー”と呼ばれている信じ難い犯罪が日本に横行しています
                                                                                                     2012年5月2日(水)
2012年の4月のことです。
新しいコンタクトレンズを買いに眼鏡店まで行ったのですが、その際、合計3台のぞろ目ナンバーの車を目撃することになりました。
はじめに行った銀行の駐車場で1台、次に行った眼鏡店の駐車場で2台。どちらも小さな駐車場で、しかも車は数台しか停まっていませんでした。(それで3台です。かなりの高確率だと思います。)

集団ストーカー被害の一例として、“ぞろ目ナンバーの車の付きまとい”がよく言われていますが、私はそれまで余り遭遇したことがありませんでしたので、車のナンバーについては左程気にしていませんでした。銀行の駐車場でぞろ目ナンバーの車(8のぞろ目だったと思います)を見たときも、偶々だろうと思い写真も撮りませんでした。

けれど、眼鏡店に行くと、そこの駐車場に今度は5並びのぞろ目ナンバー車(左の写真)が停まっていました。そして、更に新たに8並びのぞろ目ナンバー車(右の写真・銀行にいた車とは別)が入ってきました。駐車場は眼鏡店とラーメン店との間にあり、後から入って来た車はラーメン店の前に車を停めました。(先に居た5のぞろ目の車はラーメン店の後ろに停まっていました)
            メガネスーパー5並び         メガネス-パー8並び

私は家を出る前、自室でカバンから銀行の通帳を取り出し確認し、家族には○○駅の方の眼鏡屋さんに行ってくると告げていました。(この私の行動を何らかの方法で見たり、聞いたりしていたなら、先回りをして待ち伏せをすることは可能だと思います)

集団ストーカーと呼ばれている犯罪の首謀者、もしくは関与していると言われている者については、創○学会、大手広告代理店・電○、在日韓国・朝鮮人、統○教会、マスコミ、芸能人、ドラマ脚本家、放送作家、CM制作に関わる人間、小説家、漫画家、ミュージシャン、悪徳探偵社、国、公安、CIA、一般企業の人事関係者、産業医、893、某有名掲示板関係者等々が挙げられていますが、私には今は確かなことは分かりません。

けれど、わざわざ、ぞろ目ナンバーで付きまとったりと、おかしな事をしている人間が実際にいることは確かだと思います。
スポンサーサイト



2012年5月14(月)
この日、沢山の「・・xx」という二桁のぞろめナンバー車に遭遇してしまいました。
こんな↓感じです。
「・・33」×3台,「・・88」×2台,「・・55」×2台,「・・11」×1台
駐車状態だった下の1台だけ写真が撮れました。

2桁ゾロメ クリエイト前 333 11(fc2)

             
この車は、私が買い物を終え駐車場に戻って来たら、私のバイクの真正面に停められていました。
これでもか、っていう感じですね^^;
2013年2月8日(金)
ゆうべ、ツイッターにゾロメナンバーの車の付きまといについて投稿したところ、今朝、自室のカーテンを開けたら「8888」の車が(笑

そして、それを見ていたら前の道路を「・333」の車が通過。

この「8888」については、前にも、ゾロメナンバーについて書いた自分のブログ記事を読み返していた晩の翌朝にやはり現われました。同じ車です。

本当に日本でこんなことが起こっているんですよ。

↓今朝あった車。出て行って、正面に回って撮影しました。
紫8888(2013年4月18日)
 この犯罪において「えみ」や「えみこ」が私への仄めかしワードになっているのですが、今年NICOSが、web上でお客様の質問に答える「自動応答アシスタント えみさん」というサービスを始めたとのこと。メールでお知らせが来ていました。
 サイトを見てみたら、「名前の由来は ニコニコ、えみがあふれるように」ですって。ワザワザ名前の由来とか、言い訳がましくも思えます。
 なんか、ネットセキュリティ会社エフセキュアのぱよちん騒動を思い出しましたよ。
 更に言えば、エフセキュアはマイナンバーにも関わっているんですってね。
 あ~あ…。

 「えみ」や「えみこ」については、この被害に遭い始めた頃、ある被害者の方のブログに「emi
」の名前でコメントをしたことも要因の1つかもしれません。
 「えみ」の他「すみれ」も名前系の仄めかしワードです。
 アメブロやFC2ブログのIDに「sumile」を入れているからでしょう。
 以下は、2017年10月にAmebaブログのほうに投稿した記事の転載です。記事中のmeet-meは、2018年1月30日にサービスを終了した仮想生活ゲームです。セカンドライフも同様の仮想生活ゲームです。



2017-10-14 00:15:37
 TV業界はこの犯罪に加担しており、盗撮・盗聴・ネットストーキング・PC画面の覗き見をしています。そして盗撮やPC画面の覗き見によって知った事柄を番組やCMに使用し被害者自身に仄めかしをしたり、また番組やCMの作成にネタとして利用したりしています。
 私はmeet-meの終了を知った9月22日の後、初めてセカンドライフに行くようになりました。
 セカンドライフでは一定時間アバターを放置していると(1)のような状態になりますが、(2)と(3)は最近流れ始めたテレビCMです。
 また、セカンドライフ内のゲームで使われているBGMによく似た音楽が今日、10月13日のNスタ(TBS)で流れました。
 meet-meのクリック音は、もう随分以前から、確かNHKだったと思いますが使われています(NHK水戸かもしれない)。

(1)セカンドライフ 一定時間放置時のアバターの状態
セカンドライフ一時退席 - コピー

(2)R1のCM
吉田沙保里1 - コピー

(3)
吉田沙保里2 - コピー

R1「知ってほしい」篇 30秒
0:15,0:20辺り
https://www.youtube.com/watch?v=IcmLzU3RTsQ